よくお寄せいただく質問

シャワー

ハンスグローエ シャワーシステムのご使用について、よく寄せられるお問い合わせをまとめました。

ハンド&オーバーヘッドシャワー

ハンドシャワー/オーバーヘッドシャワーの水の出が悪い時の対処法が知りたい 

フィルターパッキンが汚れていると、流量が少なくなります。フィルターパッキンのお手入れ方法を説明したビデオを参考にしてください。また、シャワーにカルキがたまっていることも考えられます。カルキ汚れの正しい落とし方は、こちらのビデオでご確認ください。

バスタブ付近でハンドシャワーのホルダーを取り付ける場所が知りたい

ハンドシャワーは、楽に手が届く場所に取り付けてください。また、手でハンドシャワーを持たずに座って髪を洗えるように取り付ける点もポイントです。

シャワー/オーバーヘッドシャワーの水の出方にムラがある時の対処法が知りたい

シャワーノズルなど吐水口を掃除してください。製品形状に合わせて指やスクイージーなどで、汚れ、水あかを除去してください。

ハンドシャワー/オーバーヘッドシャワーの水切れが悪い時の対処法が知りたい

オーバーヘッドシャワーのカルキ汚れを除くことをお勧めいたします。ハンスグローエのシャワーはシリコン製のノズルクイッククリーンを採用しています。ノズルを指で擦るだけで、カルキ汚れを簡単に落とすことができます。

ハンドシャワー/オーバーヘッドシャワーから水がポタポタたれてきた時の対処法が知りたい

シャワーを止めた後で中にまだ水が残っている場合は、空になるまでしばらく水が漏れ出すことがあります。
この現象は水の表面張力が関係しているため、以下の対処法が挙げられます。

  • ボールジョイントが付いているオーバーヘッドシャワーは、使用後にシャワーヘッドを傾けると水が早く切れます。
  • 使用後にスクイージーや指でシャワーノズルを優しくこすることで水を追い出し、たまった水を早く切ることができます。
  • 水切れを早めるには、シャワーのカルキ汚れを定期的に落とすのも効果的です。ハンドシャワーのカルキ汚れの正しい落とし方は、こちらのビデオでご確認ください。

フィルターパッキン:シャワーホースとハンドシャワーの間にある、パッキンやメッシュの働きが知りたい

各ハンドシャワーに付いているフィルターパッキンは、通常のパッキンと替えることはできません。通常のパッキンを付けると、メッシュでろ過するはずの汚れがシャワーの機構部分に入ってしまいます。そして汚れの侵入によって洗浄機能の「クイッククリーン」が故障したり、ノズルが詰まる原因となります。 

埋込式バス混合水栓のダイバーターが、自動で元の場所に戻らないので対処法が知りたい

ダイバーターのOリングか突き棒が汚れているか、油切れしています。必要に応じて汚れを取り除き、シリコングリースを塗ってください

ハンドシャワーの交換方法が知りたい

弊社製のハンドシャワーとシャワーホースは、全て互換性がございます。

ハンドシャワーをご交換の際は、シャワーホースの接続部から手で回して取り外していただけます。新しいハンドシャワーも、そのままシャワーホースへ回してお取付けください。

シャワーパイプ&シャワーセット

全面タイル張りではないバスルームにも、シャワーパイプを取り付けられる方法があれば知りたい

シャワーパイプには、7mmに揃えられるタイルスペーサーをご用意しています。スペーサーの品番は施工マニュアルでご確認ください。

壁に新しい穴を開けずにウォールバーを交換したい

まずはネジ穴の間隔をご確認ください。915 mmの間隔であれば、 900mm(90cm)の現行ハンスグローエ製ウォールバーはすべてそのまま使用できます。間隔が625 mmの場合は、現在取り扱っている650mm(65cm)のウォールバーがすべて使用できます。穴の間隔がこれらとは異なる場合は、変更可能なタイプのウォールバーをお勧めします。

既存のウォールバーに、ユニカDのスペアスライドを付けられるか知りたい 

基本的には、すべてのユニカDウォールバー(品番 96190000)にスペアスライドを取り付けることが可能です。
一覧へ戻る

取扱店検索