ベラ・スカイ コムウェル(コペンハーゲン)の外観。写真 © Claus Starup

Flash Player のダウンロード(リンク)

ベラ・スカイ:コペンハーゲンのホテルシーンを一新するおもてなし

北欧首都の最新地区にオープンした、ウルトラモダンなカンファレンスホテル

ダンスをするカップルのようにも見えるベラ・ホテルのツインタワーは、ダイナミックに結ばれています。不規則な形をした23階建てのこのホテルの建物は、コペンハーゲン近郊で大いに目立つランドマークとなっています。新興開発地区オレスタッド(Ørestad)にあるこのカンファレンスホテルは、2011年に開業しました。部屋数814、30の会議室を備えた北欧最大のホテルです。

ビルのトレードマークは、互いに反るような15度の傾き。76.5メートルのタワーは上に行くにつれて距離がはなれ、最上部が連結通路でつながれているというつくりになっており、どの部屋からでも素晴らしい眺めを楽しめます。その中でもひときわ印象に残るのが、スウェーデンまで見渡せる「スカイ・バー」です。また、高い場所が平気な方は、壁が傾斜した角の部屋に泊まるのも一興。全面張りのガラスのそばに立てば、まさに空中に浮かんでいるような気分になれます。

バスルームの仕上がりについては、デンマークとスウェーデンでカンファレンスホテルとスパ事業を展開するコムウェルグループとハンスグローエSE が共同で作業しました。そこでバスルームの一部にはクロマ バリオ100 シリーズのハンドシャワーとクロマ 160 オーバーヘッドシャワーを取付け、最高のシャワーを楽しんでもらえるようにしました。また、アクサー ウノ2 洗面混合水栓が時代に左右されないモダンミニマリズムを表現し、北欧デザインらしいこのホテルにぴったりと合っています。

オレスタッド(Ørestad)はコペンハーゲンの南東外れで積極的に都市開発プロジェクトが進行している地区です。新規開発エリアは20,000人の居住者と60,000の職に対応するように企画されています。市の中心部へは地下鉄でリンクし、コペンハーゲン中心とオーレスン地域の空港との中間に位置します。ベラ・スカイはヨーロッパ最新の見本市・国際会議場の一つに数えられています。

場所:            オレスタッド(コペンハーゲン)
建築家:        3xn、コペンハーゲン
採用されている当社製品:           アクサー ウノ2 
                            ハンスグローエ クロマ 160 
                            ハンスグローエ クロマ バリオ 100
写真:                 © Claus Starup