新しい水栓は、ボタン操作で水が出る「セレクト」タイプ。

Flash Player のダウンロード(リンク)

バス水栓 タリス セレクト

水を出すのも止めるのも、ボタン操作ひとつ

洗面ボウルにも、最高の使い心地を実現しました。ハンスグローエから、二つのバス水栓シリーズタリス セレクト Sタリス セレクト Eに、セレクト技術搭載モデルが登場です。この製品の大きな特長は、ボタン操作ひとつで水を操れること。この次世代型混合水栓は、操作レバーがないデザインも画期的です。見た目も機能も、洗面スペースでハッキリとした存在感をもたらします。また、ボタンを押すだけですぐに水を止めることができるため、節水にも貢献します。水温の調節も、ボタンを回すだけの簡単操作。

タリス (セレクト) S & E:洗面ボウルに、驚きの心地よさを

画像

名前の「S」は円形のデザイン、「E」は角を丸くしたデザインを表しています。

シンプルなデザインと、極上の使いやすさ

セレクト技術を採用した次世代の混合水栓は、指だけではなく、腕や肘でも操作ができます。また、吐水口の高さを複数ご用意して、それぞれの洗面ボウルに「ジャストサイズ」な水栓を選ぶことが可能。タリス セレクト S洗面水栓には、80、100、190mmの高さが揃っています。また、タリス セレクト Eも高さが選べ (110mmと240mm)、吐水口と洗面ボウルのスペースを広く取ることができます。ハンスグローエでは、コンフォートゾーンと呼んでいます。

ぜひ、使い心地をご自身でお試しください。ハンスグローエ コンフォートゾーン テストのページでは、洗面ボウルと水栓の良好な組み合わせを紹介しています。ここで全体的なバランスを調整すれば、煩わしい水跳ねとはお別れです。

おなじみのピンハンドルや、回転式の吐水口デザインのタリスも、もちろん扱っています。定番モデル (タリスSおよびE) の一部には、新デザインも登場しています