大阪マリオット都ホテルのロイヤルスイート。

Flash Player のダウンロード(リンク)

大阪マリオット都ホテル - 天空へと続く最高のホスピタリティ

新たに登場した大阪の高層ホテルは、抜群の眺望とくつろぎのバスルームでおもてなし

大阪マリオット都ホテルが入っているのは、現在日本で最も高い建物とされる「あべのハルカス」です。このビルは2014年に全面開業し、うち上層20階分を当ホテルが占めています。地上 300 メートルの超高層ビルには高級ホテルのほか、三層構造となっている展望台も用意され、大阪の街を一望することができます。息を飲むようなパノラマは、全6室の高級スイートにあるバスルームからも楽しめます。そしてそのバスルームを飾るのは、ドイツの黒い森からやってきたピカピカのバス水栓。ハンスグローエの水栓とシャワーは、もちろん他の客室においてもとびきりの心地良さを与えています。

バスタブにゆったりと身を沈めたとき大きく切り取られた窓から見えるのは、華やかな大阪の市街地。そしてその先には北摂山系の山々。大阪マリオット都ホテルの高級スイートルームでは、こんな夢のようなバスタイムが現実のものとなります。ジェットバス式の快適なバスタブには、 「アクサーチッテリオ」と「アクサーウルキオラ」コレクションが組み合わされています。インペリアルスイート、ロイヤルスイート、エグゼクティブスイート、コンフォートスイート各室のために用意された上質な調度品に完璧にマッチするバス水栓です。「アクサーチッテリオ」「アクサーウルキオラ」コレクションの水栓は、大理石の洗面台にも使用されています。更に「プラビダ」シリーズのオーバーヘッドシャワーとシャワーセットが、ゆったりとしたひと時を提供します。ハンスグローエのシャワーの楽しみは、快適なダブルルームにも用意されています。ハンドシャワー「レインダンス セレクト 120」は、3種類のシャワーモードが選択可能。サーモスタットは壁面と一体になっていて目立たず、シャワースペースも広がります。スイートルームのバスルームには超薄型テレビも埋め込まれており、バスタブから外の景色を眺めながらテレビ番組もも楽しめます。

大阪マリオット都ホテルは、最新の建築技術と最先端のデザインをふんだんに盛り込んでいます。5つ星ホテルの例にもれず、美食を満喫できる飲食施設をそろえ、ビジネスセンターを配備。それだけではなく、特別なサービスも。例えば360室あるホテルを利用する宿泊客は、展望台の営業時間前に展望台と屋外広場を訪れることができるという特典があります。オープン前の空いた展望台を、宿泊客だけがゆっくりと眺めて楽しむことができるのです。

場所:大阪 (日本)
所有者:株式会社近鉄・都ホテルズ
設計者:株式会社日本設計 (設計);竹中工務店、大林組 (施工)
内装設計:KKSグループ
採用されている当社製品:アクサーチッテリオ、アクサーウルキオラ、プラビダ

販売代理店検索

お近くの販売店を検索できます。

画像
  • 大阪マリオット都ホテルの外観。
  • アクサーチッテリオ水栓を備えたバスルーム。
  • アクサーチッテリオ水栓を備えたバスルーム。
  • アクサーウルキオラ水栓を備えたバスルーム。
  • エグゼクティブスイートのリビングエリア。
  • ハンスグローエ プラビダを備えたバスルーム。
  • ロイヤルスイートの寝室。
  • ハンスグローエ プラビダを備えたシャワー。
  • ハンスグローエ プラビダを備えたシャワー。
アクサーチッテリオ バスルームコレクションへ
アクサーウルキオラ バスルームコレクションへ
ハンスグローエ プラビダシリーズのバス水栓へ
ハンスグローエのレインダンス&その他のシャワー製品へ